現地で絶対食べたいおすすめフィリピン料理5選!

タイ料理やベトナム料理など比較的馴染みのある東南アジアの料理もあるなかで、日本人にとってなじみの薄いフィリピン料理。ですが、実は日本人の舌に合う美味しい料理や、見てびっくりするような強烈なものが沢山あるんです。、セブ留学、フィリピン留学でせっかくフィリピンに行ったのなら、その地ならではの料理を楽しみたいものです よね。今回は、フィリピン滞在経験を持つ筆者がフィリピンで絶対に食べてもらいたい人気料理を5選ご紹介します!1. アドボ (adobo)豚や鶏肉とたまねぎを甘辛く煮込んだフィリピンの代表的な料理のひとつです。アドボはタガログ語で「漬け込む」という意味で、フィリピンのどの家庭でも出てくる一品です。各家庭で微妙に味が違うため日本で言う「家のカレー」的な存在です。日本人の口にも合いやすい一品です。2. シニガン (sinigang)

シニガンは酸味のあるフィリピン伝統のスープです。これも一般的な家庭料理で、家庭によってそのすっぱさも違います。シニガンのメニューには、エビを使ったもの、豚を使ったもの、牛を 使ったもの、魚を使ったものなどさまざまありますが、豚を使ったものがおすすめです。骨つきの肉なので酸味のあるスープにいいダシが出ており、くせになる一品です。3. パンシットカントン (pansit canton)

パンシットとは麺のことを言います。パンシットカントンは、野菜や肉、エビなどと一緒に炒めた中華風の焼きそばです。くせのない味で野菜も取れるので海外滞在中の野菜不足を気にする方におすすめです。すだちに似た柑橘類のカラマンシーをかけて食べるとさっぱりといただけておすすめです。フィリピンで食べられる中華料理の一つです。

セブ島をはじめ英語留学をすることが増えているフィリピンですが、食事を気にされる方も結構多いと聞きます。昆虫や、幼虫など、俗に言うゲテモノなどとはちがいフィリピンの食事は肉中心の濃い味付けが多いといったところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です